Press Release

ファンタジー小説「Re:Monster」のベトナム語版の発行 およびスマフォ向け本格リアルタイムRPGベトナム語版の配信を同時発表


Webで大ヒット連載中のファンタジー小説「Re:Monster」(アルファポリス刊)のベトナム語版の発行、およびスマフォ向け本格リアルタイムRPG「Re:Monster」ベトナム語版の配信予定を同時発表 ~原作者を招いたファンイベントを6月4日(日)にベトナムで開催~ ゾディアックアジア株式会社(東京都港区六本木2-2-6福吉町ビル6F 代表取締役 加藤典子)は、 株式会社アルファポリスから本格リアルタイムRPG『Re:Monster』のベトナム語での独占配信権を取得し、本年6月27日より、ゾディアックアジアの関連子会社であるベトナム法人Fujitech JSCを通じて、ベトナム語版の配信を開始いたします。 エンターエイジア株式会社(東京都中央区銀座7-10-18 代表取締役 青木昌彦)は、株式会社アルファポリスから原作小説のベトナム語版翻訳権を取得し、現地出版社AMAKメディア出版を通じて発刊することを決定いたしました。 アプリの配信と、翻訳書籍の発刊決定を記念して、6月4日(日)には、原作者の金斬児狐(かねきる こぎつね)さんを招いたファンイベントをベトナム国ハノイ市にて開催いたします。 <ファンイベント開催概要> 日時:2017年6月4日(日)午後2時~(ベトナム現地時間) 場所:Sakura Station 2F, Thang Long Number One Bldg Tower B, 1 Thang Long St., Tu Liem Dist., Hanoi,Vietnam 内容:原作者の金斬児狐(かねきる こぎつね)さんをゲストに迎えてのトークショーや、本格リアルタイムRPG「Re:Monster」およびベトナム語版小説の紹介   <ベトナム語版『Re:Monster』アプリ概要> 世界に配信している『リ・モンスター(Re:Monster)』を元に、ベトナムプレイヤー向けにローカライズを行ったベトナム語版となります タイトル(ベトナム語): Re:Monster-Hồi sinh thành quái vật ジャンル        : リアルタイムRPG プラットフォーム   : GooglePlay(Android)AppStore((iOS) 価格          : ダウンロード無料 (一部アイテム課金あり) 配信予定日     : 2017年6月27日 (C)Kogitsune Kanekiru (C)AlphaPolis Co.,Ltd. <原作小説ベトナム語版概要> 『Re:Monster』1〜3巻のベトナム語版を、現地出版社AMAKメディア出版より2017年9月を目処に刊行予定です。  <会社概要> 社名      : ゾディアックアジア株式会社 所在地   : 東京都港区六本木2-2-6福吉町ビル6F 代表者   : 代表取締役 加藤典子 事業内容: ベトナムに関連子会社としてFujitech JSCを設立し、 オフショア開発事業、 ベトナムおよび東南アジア市場でのモバイルコンテンツ、 ゲームパブリッシング事業を展開。 URL      :  http://zodia-q.com/   社    名 ゾディアックアジア株式会社 所 在 地 東京都港区六本木2‐2‐6 福吉町ビル6F 設    立 2013年2月8日 資 本 金 7,750万円(資本準備金含む) 代 表 者 代表取締役  加藤 典子 事業内容 ベトナムを拠点としたオフショア開発事業、コンテンツパブリッシング事業、コンサルティングや進出支援 U R L http://www.zodia-q.com/ 関連子会社 フジテクノロジー株式会社(ベトナム・ハノイ)   社    名 エンターエイジア株式会社 所 在 地 東京都中央区銀座7-10-18 設    立 2013年2月8日 代 表 者 代表取締役 青木昌彦 事業内容 ベトナム初の日系テレビチャンネル「View TV」を運営し、 コミックやライトノベルの翻訳・出版事業も手掛ける。 ハノイで日本ブランドの発信基地として「Sakura Station」を開設 U R L http://enterasia.jp/   […]

ベトナムマーケットへ向けた 恋愛シミュレーションゲーム「Q-Club」を配信開始


ゾディアックアジア株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:加藤典子 以下、当社)は、当社が展開するベトナム市場に向けた携帯コンテンツ配信事業において、株式会社モバイルファクトリー(本社:東京都品川区、代表取締役:宮嶌裕二 以下、モバイルファクトリー)が保有する「恋Q部」(れんきゅ~ぶ)をベトナム市場向けに「Q-Club」としてカルチャライズ及びローカライズし配信支援を開始いたしました。   急成長するベトナムのモバイル背景 ベトナムの携帯電話加入件数は1億3,400万件に上り、スマートフォン利用者数の伸び率はアジア地域で2位。16~34歳の人の80%はスマートフォンでゲームをしているとみられています。※1 ベトナムのモバイル向けゲーム市場は2014年に8,300万米ドル(約103億円)に達し、今年は1億400万米ドル(約125億円)が見込まれております。※2   ベトナムでの携帯ゲーム配信 ベトナムでは近年若者を中心に日本のアニメ・マンガ人気が加速しております。最近では特に日本のライトノベルの人気も高まっており、顕在及び潜在的なサブカルファンに向けて今回の「Q-Club」を皮切りにノベル系ゲームを配信支援していく予定です。   Q-Clubについて Q-Clubは、日本においてモバイルファクトリーが2013年より配信し、男性向け恋愛シミュレーションゲームとして人気を集めた「恋Q部」(れんきゅ~ぶ)を、ベトナムの18~23歳男性をメインターゲットけにカルチャライズ及びローカライズを行い配信支援致しました。 同タイトルには魅力的な可愛い制服女子達が登場し、ユーザーは主人公となってキャラクターとのワクワク感ある恋愛シミュレーションを基本無料にてお楽しみ頂けます。一部コンテンツには有料を含みます。 Q-Club 配信URL http://cube.ezgmo.com/    © Mobile Factory 当社について 当社は2013年の創業以来、ベトナム・ハノイを拠点としたオフショア開発事業を行い、ベトナムや東南アジア市場でのコンテンツ事業において日系企業を中心にマーケティング戦略や進出支援事業を展開しております。最近では日本のゲームコンテンツを中心にした配信ビジネスにおいて積極的に進出しています。 (出典 ※1・2 NNA 2015年調べ) 会社概要 社    名 ゾディアックアジア株式会社 所 在 地 東京都港区六本木2‐2‐6 福吉町ビル6F 設    立 2013年2月8日 資 本 金 7,750万円(資本準備金含む) 代 表 者 代表取締役  加藤 典子 事業内容 ベトナムを拠点としたオフショア開発事業、コンテンツパブリッシング事業、コンサルティングや進出支援 U R L http://www.zodia-q.com/ 関連子会社 フジテクノロジー株式会社(ベトナム・ハノイ) ■モバイルファクトリー会社概要 社    名 株式会社モバイルファクトリー 所 在 地 東京都品川区東五反田1-24-2 東五反田1丁目ビル8階 設    立 2001年10月1日 資 本 金 4億7,276万円(2016年11月1日時点) 代 表 者 代表取締役  宮嶌 裕二 事業内容 モバイルサービス事業 U R L http://www.mobilefactory.jp/ ・本件に関するお問合せ ゾディアックアジア株式会社 広報担当宛 E-mail : contact1@zodia-q.com   以上

株式会社ブシロードとの業務資本提携のお知らせ


ゾディアックアジア株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:加藤典子、以下「ゾディアック」)は、株式会社ブシロード (本社: 東京都中野区、代表取締役社長:木谷高明、以下「ブシロード」) と、モバイルゲームの共同開発やベトナムと周辺市場向けパブリッシングにおける協業などを目的として、2016年9月20日、資本業務提携しましたのでお知らせします。   株式会社ブシロード 代表取締役社長 木谷高明のコメント 当社グループは、トレーディングカードゲームの公式大会を世界 20 か国 34 都市で開催し、外国語版を含むモバイルゲームをグローバルに配信し、日本のマンガ、アニメ、ゲームのメーカーとクリエイターの祭典「C3 Chara Expo」をシンガポールで開催するなど、IP オリエンテッドにグローバル・バリューチェーンを創造できることを強みとしております。 今回のゾディアックアジア様との資本業務提携を通じて、ベトナムおよび周辺国でのモバイルゲーム事業を強化し、グローバルカバレッジを拡大させます。   ゾディアックアジア株式会社 代表取締役 加藤典子のコメント 弊社は 2013 年、日本とベトナムの橋渡しをしたいというビジョンの元、進出支援やオフショア開発事業からスタートし事業開発を行いながらコンテンツビジネスを行う環境を整えるべく、2014 年に子会社として Fuji Technology JSC.を設立いたしました。 法的な事業ライセンスや特有の人材問題をクリアし、コンテンツホルダー様がベトナムマーケットをはじめとした東南アジア周辺国で展開できるよう環境を整えて参りました。この度のブシロード様との資本提携によって、日本側の体制を強化し、パートナー企業様の実績を加速させ、互いに Win-Win となる展開を推進いたします。   「ブシロード」詳細 商号 株式会社ブシロード 公式 HP http://bushiroad.com/ 所在地 東京都中野区中央 1-38-1 住友中野坂上ビル 代表者 木谷高明 事業内容 ・カードゲームの開発および発売 ・スマートフォンゲームの開発および発売 ・キャラクター商品の開発および発売 ・各種コンテンツプロデュース業務 設立年月日 2007 年 5 月

経産省・デジタルコンテンツ協会様のご招待にて、弊社グループ会社が東京ゲームショウに参加いたします


2016年15日~18日にて開催されます東京ゲームショウ2016のビジネスデイ15日・16日、経産省・デジタルコンテンツ協会様の海外企業枠にて、弊社グループ会社 FujiTechnology JSC. が参加いたします。 ご参加の皆さまにおきましては、お気軽にお立ち寄り頂けましたら幸いです。 ビジネスミーティングエリア:BT-24 東京ゲームショウ http://expo.nikkeibp.co.jp/tgs/2016/

経済産業省 、デジタルコンテンツ協会 主催セミナーにて弊社代表が登壇致します。


セミナー「ベトナムを中心としたアセアン地域におけるゲームの海外展開」にて弊社代表講演のご案内   経済産業省 関東経済産業局と一般財団法人デジタルコンテンツ協会様主催、「コンテンツ東京2016 日時:2016年6月29日(水) ~7月1日(金) 会場:東京ビッグサイト」にて、弊社代表が講演を致します。概要につきましては以下ご参考ください。 ————————————————————————————————————————————— 経済産業省 関東経済産業局と一般財団法人デジタルコンテンツ協会は、「コンテンツ東京2016 日時:2016年6月29日(水) ~7月1日(金) 会場:東京ビッグサイト」において、コンテンツ産業の地域及び海外市場への参入を目的として、主に ベトナムを中心としたアセアン地域における海外での日本のゲームの状況やゲームの海外展開事例についてご紹介いたします。 特に、ゲームの権利を有し、ベトナムを中心としたアセアン地域への海外展開に関心のある方のご参加をお待ちしております。   <開催概要> 日 時:2016年7月1日(金)13:00-14:00(開場:12:45) 会 場:東京ビッグサイト会議棟 609(東京都江東区有明3−11−1) http://www.bigsight.jp/services/floormap/ プログラム: (1)アセアン地域のオンラインゲームの現状   講師:川口洋司(一般社団法人日本オンラインゲーム協会 事務局長) (2)ベトナムのコンテンツ制作の現状と日本のコンテンツの可能性   講師:大信英次(株式会社JSAエンターテインメント 執行役員 事業推進部長) (3)ベトナムにおけるスマートフォン向け日本コンテンツ配信の現状  講師:加藤典子(ゾディアック アジア株式会社 代表取締役 / フジテクノロジー株式会社 代表取締役社長)   参加費:無料 定 員:100名(定員になり次第、申込を締め切らせていただきます) 申 込:セミナー「ベトナムを中心としたアセアン地域におけるゲームの海外展開」のお申し込みは、こちらからお願いします。 主 催:関東経済産業局、一般財団法人デジタルコンテンツ協会 デジタルコンテンツ協会 URL: http://www.dcaj.or.jp/news/2016/06/post-33.html  

ベトナム市場向け初の日系ゲームパブリッシャーによるマーケット最前線&最新事例セミナーを開催


ゾディアックアジア株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:加藤典子 以下、当社)の子会社であるフジテクノロジー株式会社(英名:Fuji Technology JSC. 所在地:ベトナム・ハノイ、代表取締役:加藤典子 以下、FujiTech)は、ベトナム市場に向けたモバイル向けゲームパブリッシャーとして日系企業初の正式なビジネスライセンスを取得しモバイルゲーム配信を本年より開始致しました。その最新事例やベトナムのゲームマーケット事情について、2016年4月25日(月)にセミナーを開催致します。   ベトナムの複雑な事業ライセンス事情 ベトナムにて事業展開する際には政府発行のライセンス取得が義務付けられており、各分野業種において細分化され取得の難易度もまちまちです。近年注目度高いベトナム市場ですが、参入への外資規制が厳しく、事業ライセンスの取得においてトラブルが後を絶ちません。特にゲーム等の娯楽事業においては規制が大変厳しく、最上位(※1)のゲームライセンスを取得している企業はローカル企業のみで20数社となっております。 このような環境において、FujiTechは独自のネットワークによって2016年より最上位のゲームライセンス利用の正式な許可を政府より受け、モバイル向けゲームの配信を開始いたしました。 急成長するベトナムのモバイル背景 モバイル向けゲーム市場は2014年に8,300万米ドル(約103億円)に達し、2015年は1億400万米ドル(約125億円)に達したと見られております。ベトナムの携帯電話加入件数は1億3,400万件に上り、スマートフォン利用者数の伸び率はアジア地域で2位。16~34歳の人の80%はスマートフォンでゲームをしているとみられています。※1※2 このように急成長する魅力的なマーケットにおいて、当社は日本のゲーム会社様のコンテンツを安全且つ効果的に現地で配信するお手伝いを致します。 (出典 ※1・2 NNA 2015年調べ)                                                                                               (※1 ベトナムでのゲームライセンスはライトなものからG3~2、課金制が高いハイスペックなものはG1となり取得の難易度も比例して上がる。) セミナープログラム ご挨拶 ベトナムゲーム市場最前線 ベトナムスマフォゲーム事例 ベトナム市場での配信ソリューション   講師: 加藤 典子(当社代表取締役/フジテクノロジー代表取締役)   日 程: 2016年4月25日(月) 時 間: 開場17:10 、開催 17:30~19:00 会 場: Katana 六本木オフィス 会議室       東京都港区六本木2-2-6福吉町ビル6F       (最寄り駅 : 溜池山王、六本木一丁目)       http://office.katana.bz/location/roppongi/ 定 員: 40名 (定員になり次第締め切り) 参加費: 3,000円(税込/領収書発行可) お申込み方法: メールcontact1@zodia-q.com へ参加希望の旨をメールにてお送りください。 EVEREVO http://everevo.com/event/30191 よりお申込みください。

ゾディアックアジア、 ベトナム市場に向けスマートフォン向けゲーム「Flyff All Stars」を配信開始


~全世界で5000万人にプレイされた名作RPGがベトナムに上陸~ ゾディアックアジア株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:加藤典子 以下、当社)の子会社であるフジテクノロジー株式会社(英名:Fuji Technology JSC. 所在地:ベトナム・ハノイ、代表取締役:加藤典子 以下、FujiTech)は、ベトナム市場に向け、株式会社ガーラ(本社:東京都港区、代表取締役グループCEO:菊川 曉 以下、ガーラ)が保有するスマートフォン向けRPGゲーム「Flyff All Stars」 の配信を、2016年3月16日よりGoogle Playにて開始いたしました。   急成長するベトナムのモバイル背景ベトナムのモバイル向けゲーム市場は2014年に8,300万米ドル(約103億円)に達し、2015年は1億400万米ドル(約125億円)に達したと見られております。※2 このような背景の中、特にベトナムではグラフィック性の高いゲームが好まれており、ジャンルとしてはバトルゲーム、RPGが人気であることから、Flyff All Starsはベトナム市場に適していると判断し、この度当社はガーラよりライセンスを受け配信することになりました。 ベトナムの携帯電話加入件数は1億3,400万件に上り、スマートフォン利用者数の伸び率はアジア地域で2位。16~34歳の人の80%はスマートフォンでゲームをしているとみられています。※1 (出典 ※1・2 NNA 2015年調べ) Flyff All Starsについて 200を超えるヒーローを育てあげ合成しさらに進化させ、ヒーロー固有のスキルを使いこなしながら戦闘を進めるごとに夢中になります。また、ゲーム内のフレンド同士でヒーローをレンタルすることで、仲間と力を合わせて強敵を倒すのも大きな楽しみと達成感です。 Flyff All Starsは、全世界で5000万人がプレイした名作RPGで、楽々放置プレイできる放置系3Dアクションで、豊富なキャラクターと美しいグラフィックが魅力です。   ガーラについて  ガーラは2005年よりPC向け、2007年よりモバイル向けオンラインゲーム事業に早期より参入し、ゲーム運営のノウハウを豊富に保有しており、2013年からは本格的なグローバル開発と提供を行っております。代表タイトルであるスマートフォン向けRPG 「Flyff All Stars」は、2014年12月17日にAndroid英語版を130ヶ国、iOS英語版を149ヶ国でサービス提供を開始しております。 ゾディアックについて 当社は2013年の創業以来、日系企業に対し、ベトナムを中心とした東南アジアで事業を成功に近づけるための戦略立案や開発支援を実施しています。最近では既存の支援事業に加え、ゲームローカライズやゲームプラットフォームを開発する会社としてフジテクノロジーをベトナム・ハノイに設立するなど、周辺ビジネスにも積極的に進出しています。 ■会社概要 社  名 ゾディアックアジア株式会社 所 在 地 東京都港区芝5-10-5 入山ビル3階 設   立 2013年2月8日 資 本 金 3,750万円 代 表 者 代表取締役  加藤 典子 事業内容 オンライン事業に特化したアジア進出支援、オフショア開発(ベトナム)、コンテンツパブリッシング支援 U R L http://www.zodia-q.com/   社   名 フジテクノロジー株式会社 所 在 地 1Thai Ha, Dong Da, Trung Liet, Hanoi, Vietnam 設   立 2014年6月3日 資 本 金 20,000USD 代 表 者 代表取締役   加藤 典子 事業内容 日本向けオフショア開発事業、スマートフォンアプリのローカライズ、開発、運営サポート、サービス提供 U R L http://www.fujitechjsc.com/   社   名 株式会社ガーラ 所 在 地 東京都渋谷区渋谷3-11-11 IVYイーストビル3F 設   立 1993年9月3日 資 本 金 2,900,519千円 代 表 者 代表取締役 […]

ゾディアックアジア、ベトナム大手携帯キャリアVNPT-Vinaphoneと協業の元 ベトナム市場向けスマートフォンゲームを配信に合意


~日本のゲーム会社が保有するコンテンツのマネタイズを促進~   ゾディアックアジア株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:加藤典子 以下、当社)の子会社であるフジテクノロジー株式会社(英名:Fuji TechnologyJSC.所在地:ベトナム・ハノイ、代表取締役:加藤典子 以下、FujiTech)は、ベトナム市場に向け、大手携帯キャリアVNPT- Vinaphone(本社:ベトナム・ハノイ 取締役社長 TO DUNG THAI ト・ズゥン・タイ 以下、Vinaphone)との協業によって、スマートフォン向けゲーム配信を開始することに同意した。   急成長するベトナムのモバイル背景ベトナムのモバイル向けゲーム市場は2014年に8,300万米ドル(約103億円)に達し、2015年は1億400万米ドル(約125億円)と見られております。※2 このような背景の中、特にベトナムではグラフィック性の高くキャラクター性あるゲームが好まれており、ジャンルとしてはカジュアルゲームやRPGが人気であることから、今後はクオリティ高い日本のカジュアルゲームを皮切りにRPGやバトルゲームを配信していきます。 ベトナムの携帯電話加入件数は1億3,400万件に上り、スマートフォン利用者数の伸び率はアジア地域で2位。16~34歳の人の80%はスマートフォンでゲームをしているとみられています。※1   Vinaphoneとの取り組みについて 上記のような市場背景を受け、Vinaphoneは今後ゲームを中心としたコンテンツ配信事業において注力する意向の中で、日本のコンテンツにも注目をしており日系コンテンツに強みを持つFujiTechとの協業に期待をしております。今回の取り組みをきっかけに、Vinaphoneが保有するユーザーネットワーク、店舗ネットワークを活用し当社が保有するコンテンツパートナー様へのプロモーションメリットとして提供していく予定です。   Vinaphone(ヴィナフォン)について   ※VNPTグループロゴ Vinaphoneはベトナムの大手国営企業であるVNPTグループの傘下の国営通信事業者です。VNPTグループ(Vietnam Posts and Telecommunications Group・ベトナム郵政通信総公社。)は、1991年首相決定に基づき設立された18の国営企業グループの1つで、従業員数40,000人弱を抱え、Vinaphoneは、ベトナムの大手携帯キャリア3社の内1社です(シェア非公開)。携帯電話における通信事業、決済事業および、インターネットに関する総合的な事業として、インフラ、データセンタ、コンテンツ配信等、ITに関する事業を多角的に行っております。 ゾディアックについて 当社は2013年の創業以来、日系企業に対し、ベトナムを中心とした東南アジアで事業を成功に近づけるための戦略立案や開発支援を実施しています。最近では既存の支援事業に加え、ゲームローカライズやゲームプラットフォームを開発する会社としてフジテクノロジーをベトナム・ハノイに設立するなど、周辺ビジネスにも積極的に進出しています。 (出典 ※1・2 NNA 2015年調べ)   ■会社概要 社  名 ゾディアックアジア株式会社 所 在 地 東京都港区芝5-10-5 入山ビル3階 設   立 2013年2月8日 資 本 金 3,750万円 代 表 者 代表取締役  加藤 典子 事業内容 オンライン事業に特化したアジア進出支援、オフショア開発(ベトナム)、コンテンツパブリッシング支援 U R L http://www.zodia-q.com/   社   名 フジテクノロジー株式会社 所 在 地 1Thai Ha, Dong Da, Trung Liet, Hanoi, Vietnam 設   立 2014年6月3日 資 本 金 20,000USD 代 表 者 代表取締役 加藤 典子 事業内容 日本向けオフショア開発事業、スマートフォンアプリのローカライズ、開発、運営サポート、サービス提供 U R L http://www.fujitechjsc.com/ ・本件に関するお問合せ ゾディアックアジア株式会社 広報 E-mail : contact1@zodia-q.com 090-1116-4573 以上

第三者割当増資実施のお知らせ


ゾディアックアジア株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:加藤典子 以下、当社)は、アキナジスタ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:小林祐介 以下、アキナジスタ)との投資契約を締結し、同社引受先とする第三者割当増資を実施いたしましたことを発表いたします。今回の増資実施により、アキナジスタは当社の18.6%の株式を保有いたします。 関連リンク: アキナジスタ、ゾディアックアジア株式会社の株式を取得 海外事業展開を本格化 ■第三者割当増資引受の背景 当社がベトナムで本格導入を進めているプラットフォームサービスには今後多くの日系企業の参加が見込まれていますが、それらの企業による提供コンテンツの増加に伴い、掲載広告のニーズが高まってくることが予想されます。 アキナジスタは、TAP ONE(タップワン)・MAIST(マイスト)・AAA(トリプルエー)、複数のアドネットワークを長年に渡って運営しており、独自の広告配信システムの技術を構築するとともに、運営ノウハウを蓄積しております。今回の第三者割当増資により、当社が本格化を進めているプラットフォームサービスにアキナジスタが保有する技術やノウハウを活用し、広告掲載によるマネタイズの機会を作ることで、日系企業が優れたコンテンツを現地に提供できる基盤を構築してまいります。 ■今後の目標 インターネット広告は世界中で成長を続けており、2017年には世界のインターネット広告の収入が、テレビ広告の収入を上回ると予想されています(※1)。一方で2014年の日本のインターネット広告費は1兆円を超えております。(※2)今回の第三者割当増資によって、海外、特に今後の成長が期待されるアジア市場における新たな一歩を目指してまいります。 (※1)「グローバル エンタテイメント&メディア アウトルック2015-2019」(PwC) (※2)「2014年 日本の広告費」(株式会社 電通) ■会社概要 社 名 ゾディアックアジア株式会社 所 在 地 東京都港区芝5-10-5 入山ビル3階 設 立 2013年2月8日 資 本 金 3,750万円 代 表 者 代表取締役 加藤 典子 事業内容 オンライン事業に特化したアジア進出のマーケティング支援、コンテンツ及びオフショア開発(ベトナム)、コンテンツパブリッシング U R L http://www.zodia-q.com/   社 名 アキナジスタ株式会社 所 在 地 東京都千代田区九段北3-2-5 九段北325ビル 設 立 2000年7月24日 資 本 金 155百万円(2015年3月末現在) 代 表 者 代表取締役社長 小林 祐介 事業内容 インターネット広告事業 U R L http://www.akinasista.co.jp/ 本件に関するお問い合わせ