ベトナムマーケットへ向けた 恋愛シミュレーションゲーム「Q-Club」を配信開始

ゾディアックアジア株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:加藤典子 以下、当社)は、当社が展開するベトナム市場に向けた携帯コンテンツ配信事業において、株式会社モバイルファクトリー(本社:東京都品川区、代表取締役:宮嶌裕二 以下、モバイルファクトリー)が保有する「恋Q部」(れんきゅ~ぶ)をベトナム市場向けに「Q-Club」としてカルチャライズ及びローカライズし配信支援を開始いたしました。

 

  • 急成長するベトナムのモバイル背景

ベトナムの携帯電話加入件数は1億3,400万件に上り、スマートフォン利用者数の伸び率はアジア地域で2位。16~34歳の人の80%はスマートフォンでゲームをしているとみられています。※1

ベトナムのモバイル向けゲーム市場は2014年に8,300万米ドル(約103億円)に達し、今年は1億400万米ドル(約125億円)が見込まれております。※2

 

  • ベトナムでの携帯ゲーム配信

ベトナムでは近年若者を中心に日本のアニメ・マンガ人気が加速しております。最近では特に日本のライトノベルの人気も高まっており、顕在及び潜在的なサブカルファンに向けて今回の「Q-Club」を皮切りにノベル系ゲームを配信支援していく予定です。

 

  • Q-Clubについて

Q-Clubは、日本においてモバイルファクトリーが2013年より配信し、男性向け恋愛シミュレーションゲームとして人気を集めた「恋Q部」(れんきゅ~ぶ)を、ベトナムの18~23歳男性をメインターゲットけにカルチャライズ及びローカライズを行い配信支援致しました。

同タイトルには魅力的な可愛い制服女子達が登場し、ユーザーは主人公となってキャラクターとのワクワク感ある恋愛シミュレーションを基本無料にてお楽しみ頂けます。一部コンテンツには有料を含みます。

cube1 cube2 5

© Mobile Factory

  • 当社について

当社は2013年の創業以来、ベトナム・ハノイを拠点としたオフショア開発事業を行い、ベトナムや東南アジア市場でのコンテンツ事業において日系企業を中心にマーケティング戦略や進出支援事業を展開しております。最近では日本のゲームコンテンツを中心にした配信ビジネスにおいて積極的に進出しています。

(出典 ※1・2 NNA 2015年調べ)

  • 会社概要
社    名 ゾディアックアジア株式会社
所 在 地 東京都港区六本木2‐2‐6 福吉町ビル6F
設    立 2013年2月8日
資 本 金 7,750万円(資本準備金含む)
代 表 者 代表取締役  加藤 典子
事業内容 ベトナムを拠点としたオフショア開発事業、コンテンツパブリッシング事業、コンサルティングや進出支援
U R L http://www.zodia-q.com/
関連子会社 フジテクノロジー株式会社(ベトナム・ハノイ)

■モバイルファクトリー会社概要

社    名 株式会社モバイルファクトリー
所 在 地 東京都品川区東五反田1-24-2 東五反田1丁目ビル8階
設    立 2001年10月1日
資 本 金 4億7,276万円(2016年11月1日時点)
代 表 者 代表取締役  宮嶌 裕二
事業内容 モバイルサービス事業
U R L http://www.mobilefactory.jp/

・本件に関するお問合せ

ゾディアックアジア株式会社 広報担当宛 E-mail : contact1@zodia-q.com

 

以上